■2009年1月29日(第2回)
 「ハイブリッド竿の本質に迫る」との予告でしたが、これからの全編にわたり大きな命題として念頭に入れてお話していこうと思っています。
 従いまして、今回の私自身のブログを初めて観ていただいた人達にも、分かり易くする意味も込めてお話させていただきます。
 ハイブリッド竿とは材質の異なる素材を組み合わせて一本の竿としたものです。ここではカーボン素材と竹を組み合わせた一本の完成された竹竿としまして、従来の竹竿と異なった新次元の新しい時代に適合した竿として考えていた次第であります(この件に就いては大きな問題でもあり、混乱をきたす恐れもあるので、別に新たな章を設けて考えるつもりでおります)。
 昭和50年代に入ろうとしていた時代から構想を練り、試行錯誤しながら昭和55年「響」の試作から昭和60年に完成し、現在に至っております。しかしその間にも素材の究極を極めるべく、「冴」や「本味」等穂先だけカーボン(何れ「冴」に関する考え方やその詳しいデーターを開示して皆様に分かりやすく説明する準備があります)に考えたり、穂先・穂持をカーボンで作成しながら、竹とのベスト・マッチを探究してまいりました。
 批判的な人は、「あれは竹竿ではない」と称し随分攻撃もされましたが、現実を見ていただければお判りだと思います。このままでは現在の釣りに関しても大変な危機に晒されておる現実を直視していただければ、また、竿を販売していただく小売店さんですら大変な世の中に差し掛かっているのは実情として明らかであります。この様な来るべき厳しいへら鮒の業態を見据えて発言したことが却って生意気ととられましたが、すでに昭和50年代に想定して作り、発言したつもりでいます。※1
 ハイブリット竿「響」の販売から約30年近くが過ぎましたが、最初に出しました「響」は私自身、竿春と言う名前もあり、粗悪な商品を世間に出す訳にもいかず慎重に事を運んだ結果、今考えますとカーボン素材の研究はしたつもりですが、まだまだ改良の余地も沢山ありました。しかし、当時はベストな物を選択したつもりです。竹竿の元・元上に至っては、カーボン素材に負けない竹と言うことで、太くてシッカリした素材を選択した次第であります。これを分かり易く説明すると、カーボンの弾力を「1」としたならそれに負けないだけの竹の素材を「2」とし、へら鮒を容易に引くための強さと丈夫強さを竹にも求めました。
 しかし、強さや丈夫さを追い求めた結果、竹竿の本来持っている「へら鮒とのやりとりを楽しむ」部分に欠けていたことも否めません。竹馬(阪部 修)監修による「岩燕」は柔らかみのある竿に仕上がり研究の余地を進化させた結果の作品でもありました。
 
これで良いとは考えておらず、志を高くもって「現代のへら鮒釣り」のニーズに合う竿を追及してまいりました。その結果として最近発売した『大輝』は「響」の反省を十分にいかし、穂先・穂持のカーボン素材を縦・横・クロスに織り交ぜ魚をかけた時のブレを解消するとともに、竹の素材をカーボン素材の持つ数値に近づけることで、本来の竹竿と遜色ないできに仕上げる事ができました。





          
          (大輝のテスト風景、野田幸手園にて)

 従来のものより数段に魚をかけてからのコントロールがしやすく進化しております。
 このような私自身の考え方の中から、2月末には竿春工房の若手を中心に画期的な竿を発売する予定でおります。
 次の次ぐらいにおけるブログ更新には一部を写真でお見せ出来る事と思いますので、乞うご期待をお願いいたします。
※1(『魂の火入れ』つり人社刊・山根一郎著参照)




■2009年1月(第1回)
  新年明けましておめでとうございます。本年も竿春および竿春工房(ギャラリー竿春)をお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
 本年度より標記のようなブログを立ち上げることになりました。1年を通じてヘラ竿や周辺の道具類、はたまた竿春寿会やきよ志後援会、宗春会、竿春旭友会における釣りと、それに関連した自然の釣り場などにも目が向けられればと考えております。
 また、皆様からのご意見も伺いながらへら鮒釣りに少しでも寄与できれば、望外の幸せと思い始めた次第です。


 大略半年間の予定は以下のように考えております。
  1月  ハイブリット竿の本質に迫る。
  2月  純正竹と冴・合成竿(ハイブリット竿)のメリット・
      デメリット
      釣り場や季節に合わせた竿選び
  3月  ハリスと竿の関係など
      竿受けと竿、竿と玉の柄の関係など
  4月  野っ込みへら雑感(竿春旭友会20周年記念釣り大会)
      短竿と長竿のバランスと扱い方
  5月  カーボン・ロッドと竹竿の扱い(竹竿を使う人たちへ
     のメッセージ
      竹竿を使ってみたい人たちへ
  6月  遠征釣り報告
      読者の皆さんのご意見に答えて
     (途中にて交遊録・歳時紀が入り、一部予定が変更する
      こともあります。


 月に2回のブログの更新を目標に進めていくつもりですが、その間に身のまわりで起きました事柄についても私見を交えながら更新していくつもりです。
 また、話題性も含めたゲストにも参加していただく予定でおりますので、楽しみにしていただければ幸いです。
 独り言なので辛口でまいりたく考えています。
 多くの皆様の忌憚のないご意見を聞かせていただいて、ニーズに合った竿造りに励みたいと考えています。



ホームへ
ギャラリーへ
店舗地図
メール
リンク

「大輝」テスト風景

BACK
過去のブログ
 2009年
  1月(第1・2回)
  2月(第3回)
  3月(第4・5回)
  4月(第6・7回)
  5月(第8・9回)
  7月(第10回)
  8月(第11回)
  10月(第12回)
  11月(第13回)
 2010年
  1月(第14回)
  4月(第15回)
  6月(第16回)



q竿春の独り言