■2009年3月18日(第5回)
 今回はギャラリー竿春がオープンして以来、遠路福島から足繁く通っていただき、僕の竿の大ファンである、佐藤敏行氏から見た竿春について、話していただこうとの企画を考えました。
 竿の製作者はその背景に竿を認めて下さるファンがあって、はじめて成り立つ職業であり、ファンの人達が今、まさに何を欲しているのかが理解できなければ、良い作品はできない訳であります。
 竿作りに携わる者は、従来ですと卸業者や小売店の主人からのみの情報しか入らず、必ずしも竿の使用者で有る一般ユーザーの正しい声が入ってくるとは限りません。
 ギャラリー竿春(きよ志)を立ち上げたのも、竿春の独り言(ブログ)を始めたのも、皆さんの忌憚(きたん)のないご意見を聞かせていただき、竿作りに反映していければとのおもいからであります。
 そのような中に、真の竿作りの本筋が見えてくれば、ユーザーに納得してもらえる竿が届けられると確信してのことであります。

最初に佐藤氏の僕の竿に関する簡単なご意見を伺い、僕も佐藤氏の人柄を手短に話した上で対談に入ります。

佐藤氏―竿春親方の竿は「本造り」の時に出会い、他の竿に比べパンチ力があり、自然と使用するようになった。
<釣具のときわ>で親方と影舟さんの「二人展」を観て、二人のジョイント作の竿を求めるために福島からきたが、すでに完売であった。
 その時話題となった、ハイブリッド竿を購入して帰路についた。
 以来、純正竹竿・ハイブリッド竿を含め相当数の親方の竿を収集し、休みになるや楽しんでいた。
 現在お気に入りは『竿寿・高野竹9尺』が自分の手に良く馴染み、使いやすいです。

     

※――次々と新しい竿に挑戦していく竿春親方に一度会ってみたいし、竿にのめり込んでいけば、親方に会って竿の話を聞きたいのは人情であります――※

竿春―従来の問屋制や小売店の時代には、一般ユーザーが安易に我が家を訪ねることは出来ない暗黙のルールがあった。しかし、ギャラリー竿春を開店し、訪ねてくれるお客さんと対話が出来るようになった。
 従って佐藤氏とも気楽に竿談義が出来るようになり、有難く感じている。佐藤氏の場合、竿を使ってくれて素直に竿の感触を竿師の僕に話してくれるし、徹底的に竿の機能に対して追及してくる。それはもう怖いですが、大変竿作りにも勉強になります。

※――竿の使用者はそれぞれに持っている感性が異なり、皆が同一ではない。竿師として多くの竿を使って下さる人々の意見を聞くことは、竿作りの上で欠かすことのできない勉強であり、今まで、何故かその様なことを余りしてこなかったことも、竿春を含め和竿の作り手は考えるべき時に来ているとおもいます。――

――※の内容は司会進行していただいた山根一郎氏の考えであります。

次回も佐藤氏の対談を記載する予定です。


■2009年3月3日(第4回)
 連載が遅くなり申し訳ありません、また新商品の完成が予定よりも遅れています。待っていただいている皆様には誠に申し訳ありません。新商品に使用する穂先・穂持のカーボン素材の関係で遅れてしまいまいしたが、納得できる商品が出来ると自負しております。フィールドテストも始まりましたので、今しばらくお待ち下さい。

 ●「冴二刀」のフィールドテスト(2月下旬、野田幸手園にて)
  
  竿春 裕、竿春寿会 螧原氏、「クラブ50」会長の岡田氏
  「魂の火入れ」作者の山根氏、他

         
         竿春 裕と竿のバランス、調子について色々な角度か
         ら分析することが出来ました

 今回の新商品『冴二刀』(さえにとう)は『冴』と『合成』の2種類の機能を味わえる竿です。

●冴二刀 9尺 3継の場合
       穂持ち(竹) 穂先(カーボン)……
 元(竹)1本
     
穂持ち(カーボン) 穂先(カーボン)…… 合成竿
 ※冴と合成を釣り場で使い分けることが出来ます。

 
野本釣具店(上尾)で「平成のへら竿」と称し宣伝していただいた『冴』(さえ、純正竹竿の穂先だけカーボン素材)は使用していただいているお客さまには、真竹の削り穂よりヘラ鮒を釣る道具としての機能・性能に優れていることがお分かりのことと思います。
 また、穂先・穂持をカーボンとした『合成竿』も支持を獲得し、皆様からの好評をいただいております。
 「冴」と「合成」の2種類の機能を持った新商品『冴二刀』については、もうご存知の方もいらっしゃると思います、雑誌『へら鮒』や『ボーバー』紙上で大きく取り上げていただきましたので、そちらも参考にしていただければと思います。
 また今年も竹の素材が入荷いたしました。その選定もブログが遅れた原因ですが、今年の竹もまた楽しみな素材であります。

 
今年も沢山の竹が入りました。例年にはないくらいの良質な竹です。
工房総出の選別作業です。

 
一本一本の竹については例年私が選別し、使用可能な適当な長さに竹を整える作業をします。

写真には写っていませんが、工房の若手達は入荷した竹の枝切りの下作業をして、私に渡してくれます。毎年の工房の風物詩です。

   
2~3ヶ月家の庭先に晒します。丁度この時期です、ギャラリー竿春にお見えになりましたら隣にあります、是非覗いて見て下さい。雪の中でも晒しています。
          

その後、更に選別作業を繰り返して、二階にある竹の保存室にそれぞれを選別して保管します。早い竹で、竿に使用されるまでに約1年、素材によっては15~20年近く保管され、製品となる竹もあります。
今から竹に魂を入れるのが楽しみです。

ホームへ
店舗地図
メール
リンク
BACK
竿春の独り言
過去のブログ
 2009年
  1月(第1・2回)
  2月(第3回)
  3月(第4・5回)
  4月(第6・7回)
  5月(第8・9回)
  7月(第10回)
  8月(第11回)
  10月(第12回)
  11月(第13回)
 2010年
  1月(第14回)
  4月(第15回)
  6月(第16回)



「大輝」テスト風景