■2009年4月21日(第7回)
 今回はへら鮒釣りに関しまして、季節も良くなりましたので「野釣り」について話をしたいと思います。
 その前に、先々週の4月11日に私事で恐縮ですが、竿春旭友会創立20周年記念釣り会が千葉県旭市の通称、袋溜池で盛大に行われました。
詳しい内容については「へら鮒」社の来月号に掲載されますので見ていただければ光栄です。

 僕自身の立場から言わせていただければ、竿春旭友会の会長飯島崇智先生(元中学校教諭)は僕にとって大恩ある人物です。詳しい話は省略させていただきますが(※1)、釣りの会を20年の長きにわたり運営してこられたことは素晴らしいことであります。
     

     「旭友会20周年おめでとうございます。」

 当日、僕も参加させていただき、楽しい釣りができました。竿春旭友会がホームグランドとしております袋溜池は周囲2~3kmの農業用水確保の溜池です。周囲には葦も茂り野釣りの雰囲気を醸しだしています。

   

          

 へら鮒の野っ込み(産卵のため接岸し、葦などに卵を産みつける行為・通称ハタキ)の時期でもあり、8尺竿で数枚を掛けました。
 数年前の同時期に息子の清(竿春きよ志)はここで47.3㎝の大型を釣りあげて大騒ぎしました。
 時節がら桜は満開で、時折風に吹かれた桜の花びらが川面にヒラヒラと舞い降り、それに響応するかのごとく沖でへら鮒の波紋か揺れています。
 鶯もまだ十分に鳴き方を習得していないのか、楽しくその鳴き声は耳に入ってきています。
春には春の季節感を肌で楽しみながら釣りをする喜びを感じた一日でした。
 
●竿春旭友会創立20周年記念釣り会のページは…こちら

      
 先日お店に来ていただいた若いお客さんで、野釣りをしたことが無いとの事でしたので、近場の手賀沼を紹介してあげましたところ、水深50㎝もないような処で、36㎝を筆頭に6枚を釣りあげ、感激してその日のうちに報告に来てくれました。
 へら鮒釣りはゲーム・フィッシングの要素が現在は色濃く出ており、それはそれで結構なことですが、四季折々の楽しみをもっと知っていただいて、いろいろな楽しみ方が有ることも理解していただきたい。
 しかし、野釣りには危険も伴なうし、農道に車を止められて耕作者の不信をかい、ゴミの投げ捨てや釣り場の占有をめぐってのトラブル等、つり人各自が責任と自覚をもって楽しんでいただかないと、そのツケは必ずつり人に跳ね返ってくることを忘れないでほしい。

 次回は以上のことを踏まえて野釣りの会を立ち上げた「クラブ50」の
会長岡田氏に登場していただく予定です。

 
(※1)竿春と飯島先生の出会いに関しては『魂の火入れ』つり人社刊
    の57頁・飯島崇智氏を参照。




■2009年4月5日(第6回)

           *前回のつづき*

佐藤氏―親方(竿春)の竿はパンチ力があり、へら鮒も寄りが良かった
    (魚が引けた)。

    その為に最初は紀州竿を使っていたが、親方の竿をそれ以来使う
    ことになった。
竿春― そう言って下さると、本当にありがたいです。
    関東のへら鮒釣り場に適した竿造りに励んでいた時代ですね。
    『響』・『冴』が出はじめた時期でもあると思いますが。
佐藤氏―『冴』は純正竹竿より優れていて、その上に使い勝手がいいので
     、また、管理釣り場で1日何十キロも竿を変えないで使えるの
     が魅力でした。

    『響』も何十本となく、東京に出てきたときに買って帰りました。
    和竿感覚で使い勝手が良いのが利点ですし、強引に魚もひけました
    し…。

竿春― 佐藤さんは一日に何十キロと釣るもので、純正竹竿で一日使用する
    には…と考えていた時期に丁度符号したのでしょう。

佐藤氏―それと、『冴』をはじめとするハイブリッド竿の場合、自分の不注
    意で穂先をもっていかれても、修理に出しても交換が早く、待たさ
    れるイライラが解消した。

竿春― バランスは必ず見なければなりませんが、カーボン・ロッドを使用
    するものですから、後は調整の問題だけですので、スペアは豊富に
    ございます。真竹の削り穂と異なり、早く出来上がることは間違い
    ありません。

佐藤氏―親方が次々に新しい竿を発売するもので、一度使ってみたく殆どの
    竿は買って使いました。しかも、年齢とともに長竿が振れなくなる
    ものですから、12~13尺以下の竿が中心となりました。

佐藤氏―純正竹竿は魚の大きさを考えて、しかもスレがきたことを考えると
    、使う時に内心怖い(曲げてしまう)思いがあるが、『冴』ならス
    レが起きても、引けて曲がる心配が無用なので、『冴』を使う機会
    が多くなっています。


――純正竹竿と『冴』とを使ってみてその相異について分かりますか――
佐藤氏―総高野竹と普通の『冴』との区別は分りますが…。
竿春― 良い竿とは対象魚によって、使用する竿の機能や性能の問題だと思
    いますよ。

      

佐藤氏―親方の所にくると、私の使う調子やデザインや総てが分かっていて
    くれるので、注文しやすいのが一番です。

    最近は『双味』(竿春と竹馬の合作・純正と冴の2種類)に凝って
    います。

竿春― 佐藤さんは最高のお客さんです。
    釣りが上手で竿の事に関しても他の人に無い感性を持って、究極の
    質問や竿談義をしてきますので、気が抜けないところがあります。


――竿の好きな人のなかには、自分だけの一竿を持ちたいと言う人は多い。
しかし誰でも出来る訳ではありません。その為にも仕事の充実をはかり、
健康に留意して釣りライフを楽しんでいただきたい。

 余談になりますが、佐藤氏はトイレに『魂の火入れ』の本を持って入り、
20分も30分も出てこず、奥様が心配して、トイレで倒れているのか気が
かりになるほど、一心不乱に何十回となく繰り返し読んでいただいている、
と言う性格の人物でして、へら鮒釣りをこよなく愛し、楽しんでおる一人です。

     お元気で、ご協力ありがとうございました。――


ホームへ
店舗地図
メール
リンク
BACK
竿春の独り言
過去のブログ
 2009年
  1月(第1・2回)
  2月(第3回)
  3月(第4・5回)
  4月(第6・7回)
  5月(第8・9回)
  7月(第10回)
  8月(第11回)
  10月(第12回)
  11月(第13回)
 2010年
  1月(第14回)
  4月(第15回)

  6月(第16回)


「大輝」テスト風景